冬の中国・四国地方の旅♪しまなみ海道と道後温泉編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尾道の千光寺の階段でいい汗かいて、

温泉に入りたいな~って気分になったので

今日の宿がある愛媛県にある道後温泉に向かいました。

尾道からはしまなみ海道という瀬戸内海の島々を結ぶ

橋が連なる、まさしく「海の道」を通ります。

自転車でも通れるらしく、サイクリングロードも整備されていました。

晴れた日は自転車で巡るのも気持ちいいだろうな~

途中の大島にある「亀老山展望公園」に寄りました。

ここは瀬戸内海国立公園に指定されている場所で、

世界初三連吊橋の「来島海峡大橋」や

日本三大急潮のひとつ「来島海峡」を見ることが出来ます。

夕日は雲に隠れて見えませんでしたが

オレンジ色に染まった空と海に浮かぶ島々が

幻想的で思いがけずいい景色に巡り合えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しまなみ海道を抜けて、約一時間くねくね山道を

ひたすら走ってやっと道後温泉に到着しました。

急いでひとっ風呂浴びて、さっぱりしてから

待ちに待った夕食!!( *´艸`)ヤッタ!

今や温泉宿のスタンダードのバイキングでしたが、

さすが瀬戸内海の海の幸が満載(≧▽≦)

お刺身、お寿司が絶品で、特にハマチが

今まで食べたことない位美味しかったです♪

(冷凍だって分かってるのに、何でかカニは取っちゃうよね~)

(あとシェフが焼いてるステーキも取っちゃうよね~(*’ω’*))

スポンサーリンク

道後温泉の観光名所を巡ります!

次の日は泊まった旅館から歩いて行ける、夫曰く

日本三大ガッカリ観光名所の道後温泉本館にやってきました!

いやいや、ガッカリどころか立派な佇まいでしたよ(´▽`)

今でも日帰り温泉として営業している、入浴施設としては唯一の
国の重要文化財に指定されている共同浴場だそうです。
ジブリの「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルとなったと
言われる建物だけあって、風格たっぷりです。

建物の脇にあるガス灯(?)も

アンティーク感たっぷりでステキでした。

うちにも一本欲しい~(*‘∀‘)

本館からマドンナ通りという

お土産屋さんが立ち並ぶ通りを歩きました。

泊まった旅館に置いてあったバスタオルが

あまりに柔らかくて使い心地が良かったので

“あれ絶対今治タオルだよね!うちにも欲しいね”

と言っていたので、

お土産屋さんで今治タオルを見つけるやいなや

全会一致で購入決定!!しました(^_-)-☆

マドンナ通りをぶらぶら歩いていたら、

道後温泉駅に着いちゃいました!

駅舎の隣には「坊ちゃん列車」が展示してありました。

そっか!ここは夏目漱石の「坊ちゃん」の舞台となった場所か!

さっきのマドンナ通りも坊ちゃんの登場人物なんだ~

読んだ記憶がないのに「赤シャツ」とか知ってるのは

さすが夏目漱石だなぁと思っちゃいました。

(坊ちゃん読んでおけばよかったかな?!)

道後温泉駅は明治時代の洋風建築そのままの外観で

復元されていてノスタルジックな雰囲気いっぱい。

駅舎の向いには「坊ちゃんカラクリ時計」発見!

あと15分待てば坊ちゃんの登場人物が出てくるんだろうけど
香川にうどんを食べに行かなきゃいけないので、会えませんでした(泣

ブログ村バナー

ポチっ↓として頂くと励みになります。

にほんブログ村

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする