冬の中国・四国地方の旅♪見つけた多肉植物編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の中国・四国地方の旅番外編もいよいよ大詰めです!

今回は旅行中に見つけた多肉植物を紹介しま~す。

探してみると結構いるもので、

多肉植物がこんなにメジャーだったなんてと

興味のない夫もビックリしていました( *´艸`)

〇厳島神社のソテツ

いきなり多肉植物じゃないんだけど(汗

神社の境内で存在感たっぷりでした。

どこか南国チックで、私のふるさとでは

絶対見られない光景だなあと不思議な感じでした。

こちらも五重塔近くのソテツ

葉の部分が大きくなりすぎて、

自分の幹では支えきれなくなったのか

つっかえ棒が何本もしてありました。

幹がちょっと斜めっていて

近くに行くと倒れてきそうで怖かった(^-^;

〇こんぴらさん参道の子宝草

閉店した店のショーウィンドウの中にいました。

あの葉のギザギザした形、多分そうだと。。

〇名前の分からない多肉たち

上の段に寄せ植えしてあるのを見付けました。

ちょっと遠くて種類は分からなかったけど

エケベリアの何かと、多分ハムシー かと・・

鉢の雰囲気と相まって、いい感じのバランスでした。

〇サボテン色々

ガラスが汚くてよく見えなくてゴメンナサイ。。

サボテンたちの存在感が凄かったので

思わず撮ってしまいました。

陶器の鉢も渋くて、サボテンに合っています!

〇朧月

多分店の中に鉢があると思うのですが、

出所が分かりませんでした(^-^;

外まで光を求めてびろーんと伸びて来ているよう。

でもお顔はキレイな多肉さんたちでしたよ。

〇セダムいろいろ

こちらは倉敷の美観地区の中にあるアイビースクエアの

一画で見つけたセダムいっぱいのプランター。

春になったら、私もプランターをセダム畑にしたいな~

今からセダム集めておかなきゃ(≧▽≦)

〇虹の玉(かな?)

大きい火鉢に植えてありました。

こんな使い方もカッコいい!

火鉢はなかなか手に入らないので、

身近な道具でなんか多肉を植えるのに

ちょうどいいものはないか考えて歩くのも

楽しいかもしれないですね♪

〇古本屋の多肉たち

こちらも倉敷の美観地区にある古本屋さんの軒下です。

手入れされて、立派で元気な多肉たちがたくさん!!

思わずテンション上がって写真撮りまくりです(*‘∀‘)

朧月もきれいでしょう?

センペルビウムも鉢いっぱいに!

ハオルチアは群生してます。

火祭りはギュッとしてるのですが、

上にも伸びていてお花も咲いていました。

古本屋さんの中にもたくさんの多肉たちがいたのですが

撮影はあいにくですが遠慮しました。

「多肉植物は売り物ではありません」の張り紙がしてあって、

売ってほしいとのタニラーの声があったんだろうな、と。。

思わず欲しくなっちゃうほどの立派な多肉たちでした。

〇倉敷の商店街の多肉たち

アーケードの商店街の店先に飾ってありました。

ちょっと徒長しているのもあったけど

ディスプレイの参考にと。

鉄瓶に寄せ植えしてあるのが、私的には一番でした。

古びた生活用品に植えるとさりげない感じが出て

どこに置いても絵になるような気がします。

右上の鉢には動物のミニチュアがいました♪

ちょっとジャングルっぽくていいかも。

旅先でもたくさんの多肉に触れ合えた私ですが

飛行機の出発まで時間があるということで

とうとう園芸店に行くことに・・・

ブログ村バナー

ポチっ↓として頂くと励みになります。

にほんブログ村

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする