うちの多肉植物 第1弾 その特徴と栽培の仕方とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多肉にハマってまだ一ヶ月ちょっと。

まだまだ数も種類も少ないですが、記録のためにも

我が家の多肉たちを紹介したいと思います。

まずはホームセンターめぐりで狩った多肉たち。

買い始めの頃はまず安くて、形が変わっていて、成長点があるものを

横から上からジロジロ眺めて選んでました。

はたから見るとかなり怪しい感じ(^-^;

小さくても元気がある子の方が、成長した姿を見せてくれるかな?

と楽しみにしています。

伸びきったものはちょんぱして寄せ植えに使いました。

狩って一ヶ月も経っていないのに、小さい脇芽が出てきています。

十字星

脇からちょこんと顔を出しています♡

先っぽからも出てきた!

どのくらい大きくなったら親株からはなしても

大丈夫なのかな?

レディジア

これもだんだん大きくなるかな?

脇芽が出てきてるのわかりますか?

朧月(かな?多分

これは伸びすぎて頭が重くなって隣に倒れ掛かっていました。

多肉植物としか書いていない名無しちゃんです。

お店の人も売れないと思ったのか値引きに値引きされて168円でした!

安定しなかったのでちょんぱして別で植えてみました。

根元には小さいこが顔を出しています。

ピーチネックレスとハートカズラ

それぞれハロウィンの缶に入って(もう時期が過ぎていたので)

780円→200円になっていました!

ピーチネックレスはぷりぷりしていい感じ♪

ハートカズラはちょっと元気がなさそうだったので

お水をたっぷりあげてみました。

右側の素焼きの鉢は保存用、

左の小さい鉢は寄せ植えにでも使おうかな!

ハロウィンの缶は、台紙をはがしてペンキを塗って

ラベルを貼ってリメイクしてみました!

バケツみたいに引っ掛けるところがあるので

なにげに場所を取らずに便利。

(底が汚れているのはご愛敬♡)

これはコメリで一鉢50円になっていた

セダム3人衆子持ちレンゲ

のびのびになっていたのでこれは剪定後です。

子持ちレンゲ

脇から手がビヨビヨ伸びてきてるみたい♪

ランナーで伸びるタイプだからどう成長していくか楽しみ。

丸葉万年草

これからいっぱい出てきそう!

小さくてもちゃんと形になっているんだね。

班入り丸葉万年草

白の縁取りがかわいい♥

下の方に小さい子たちがスタンバってます。

パリダム

寄りで見ると森みたい♪

前日に水をあげたので水滴が葉について綺麗です。

まだまだ続きます(^_-)-☆

☆☆☆☆☆☆☆☆ 多肉主婦の多肉メモ ☆☆☆☆☆☆☆☆

○十字星(じゅうじぼし)

エケベリア属

春秋型

夏の暑い日差しは厳禁。

挿し木で増える。

○レディジア

セデべリア属

春秋型

別名:万華鏡(まんげきょう)

耐寒性はあるが霜や雪に当てないようにする。

大変伸びやすい(徒長しやすい?)性質をもっているので

水はやりすぎに注意する。

○朧月(おぼろづき)

グラプトペタルム属

春秋型

耐寒性、耐暑性ともに強い。

春~秋の時期は、日向でも日蔭でもよく生育する。

○ピーチネックレス

セネキオ属

春秋型

真夏の直射日光は避ける。半日陰にする。

耐寒温度は2~3度

水はけのよい土を好む。

○ハートカズラ

セロペギア属

春秋型

耐寒温度は5度

水はけのよい土を好む。

日当たりの良い場所に置く。

○子持ちレンゲ

オロスタキス属

春秋型

春と秋はよく日光を浴びせる。

暑さに弱いので半日陰で管理する。

耐寒性があるので霜や雪にあたっても枯れない。

○丸葉万年草(まるばまんねんぐさ)

セダム属

春秋型

過湿に弱いので風通しに気を付ける。

耐寒温度はマイナス1~2度。

○班入り丸葉万年草

セダム属
春秋型

過湿に弱いので風通しに気を付ける。
耐寒温度はマイナス1~2度。

○パリダム

セダム属

春秋型

別名:真珠星万年草(しんじゅほしまんねんぐさ)

ヒスパニクムとの違いは花弁の枚数、

パリダムは5枚、ヒスパニクムは6枚

※あくまで素人調べです。実際栽培されるときは自己責任でお願いします。

ブログ村バナー

ポチっ↓として頂くと励みになります。

にほんブログ村

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする