うちの多肉植物 第2弾 その特徴と栽培の仕方とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!今日は気温が高く午前中は日も差して、

うちの多肉たちにも日光浴させることが出来ました!

我が家の多肉紹介第二弾はもけもけシリーズです!!(^O^)/

最初にうちに来たのはこちらのもけもけちゃん♪

黒兎耳(くろとじ)

初めてホームセンターで見つけた時は思わずさわさわしてしまいました。

今年の九月に愛猫を18歳で亡くしたので、こんな手触りが

懐かしかったのかもしれません(ノД`)・゜・。→多肉植物ににハマったきっかけ

触るとビロードのような手触りが気持ちいいです。

もけもけがもけもけしている訳は、

その細い毛で空気中の水分を吸収するためだそうです。

星兎耳(ほしとじ)

同じく兎シリーズです。そのうち兎たち全制覇したくなるかも?!

出回っているのは福兎耳・月兎耳・野うさぎ・ジャイアントラビット

あたりかな?

黒兎耳と比べると、葉や茎がちょっと華奢な感じです。

黒兎耳はがっちりしていますが、星兎耳は優雅に揺れる兎の耳のようです。

葉の先の斑点も点々と星のようにはっきりしています。

銀揃(ぎんぞろえ)

小さい枝がみんな上を向いているのがカワ(・∀・)イイ!!

紅葉したらどんな色になるのかな?

シンプルなかたちだけどもけもけしているだけで

なんか可愛げがでちゃうのはなんでかな?

そういえばかわいいものってもけもけしてる!

犬とか猫とかパンダとか、、触り心地も重要だよねぇ(*´ω`*)

ハムシー

下の方の葉が取れちゃったのでいびつな形。

小さい葉が出てきているから、大きくなるのが楽しみ♪

こちらも葉差し畑に一個だけおいてあるんだけど

一ヶ月経っても何の音沙汰もなし。

一緒に葉差し畑に入ったレディジアはもう

10本くらい根っこが出てるのになあ。

種類によって葉差しに向かないのがあるのかな?

その辺も勉強していかなきゃ(^O^)/

熊童子(くまどうじ)

先日、多肉のお店で見つけたもけもけちゃん。記事はこちら

元気に育っています!

(番外編)

福だるま

もけもけではないんだけど、白いお粉と丸い形がカワ(・∀・)イイ!!

まん丸でプクプクとしてて、とても他人とは思えません(汗

夫にたまにプク野郎と呼ばれているんです、私。。

☆☆☆☆☆☆☆☆ 多肉主婦の多肉メモ ☆☆☆☆☆☆☆☆

○黒兎耳(くろとじ)

カランコエ属

寒さに弱い、冬季は断水気味にする。

○星兎耳(ほしとじ)

カランコエ属

寒さに弱い、冬季は断水気味にする。

○銀揃(ぎんぞろえ)

クラッスラ属

春秋型

高温多湿が苦手、適度な日差しを必要とする。

夏は半日陰、冬は直射日光が当たる風通しの良い室内。

○ハムシー

エケベリア属

別名:オリベランサス、花司

耐寒性がやや高い、霜には強い。

○福だるま

コチレドン属

春秋型

耐暑性が多少ある。

冬は日当たりの良い室内。

※あくまで素人調べです、実際栽培されるときは自己責任でお願いします。

ブログ村バナー

ポチっ↓として頂くと励みになります。

にほんブログ村

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする