多肉植物ってどうやって増やすの?葉挿しの方法と半月後の様子をお見せします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多肉植物の増やし方には様々な方法があります。

今日はそれらを紹介するとともに、

その中でも成長する様子が面白い、

葉挿しの成長過程をご紹介したいと思います。

まず、多肉植物の増やし方は大きく分けて五つあります。

①株分け

株を分けて増やす方法で、植え替えの時などに行うとよい。

・群生タイプ・・・ハオルチア・オブサーツ

・ランナーで増えるタイプ・・子持ちレンゲ

・地下茎のあるタイプ・・・サンセベリア  など

②葉挿し

葉を土にさして発根・発芽させる方法。

葉が取れやすいものはたいてい増やせる。

簡単だが肉厚で大きい葉は不向き。

エケベリア、グラプトペタルム、パキフィッツム  など

③挿し木

茎を切って土に刺す方法。成功しやすい繁殖方法。

木立性の多くは挿し木で増やすことが出来る。

切り口を乾かし、土に刺す部分は下葉を落としておく。

水やりは発根するまで控える。

クラッスラ・銀揃、アエオニウム・小人の祭り

セデべリア・群月冠、セダム・黄麗  など

④胴切り

柱上の茎や幹を横に切って発根・発芽させる方法

サボテンなどによく使う。

⑤たて割り

茎の中心をたてに切り、子株を出す方法。

切り目の位置、深さなどで失敗することも。

アガベ、アロエ、エケベリア  など

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が多肉植物に手を出したのが10月の20日過ぎ、

そこからせっせと買い集めては植え替えて~

している間に葉っぱがポロリと取れたものを集めて

乾いた土の上に置いておきました。

直射日光があまり当たらない場所がいいらしいから

リビングボードの上を定位置にして。

多肉ブログや本で見た葉挿しってこうやるのかな?

ほんとにここから葉っぱや根っこが出てくるのかな?

半信半疑で始めた葉挿しでしたが、

今日12月3日現在で劇的な変化がありました!

まずは虹の玉(11/16)

細ーい根がひょろひょろ2~3本生えてきた。

(11/25)

根っこがさらに伸びて、付け根に小さな葉が顔を出してきた。

ドアップ( *´艸`)カワイイ♡

そして今日(12/3)

根っこがさらに伸びてます。

葉の大きさはあまり変わりないかな?

そしてクラウカ(11/16)

先っぽの色が少しピンクがかって、同じ色の根が1本生えてきた。

(11/25)

真ん中のが一番成長が早いみたい。

同じ時期に並べても、その葉によってスピードが違うのかな?

そして今日(12/3)

両隣もいい感じで根が出てきています。

早く大きくな~れ(*^_^*)

そして姫秀麗(11/16)

写真では見づらいけど、小さな黄緑色の葉と根が出ています。

(11/25)

これは分かり易いかな?

だんだん大きくなってるよ(^_-)-☆

そして今日(12/3)

葉っぱがパカって分かれたよ!

一番左のは元の親葉はシワシワにしぼんでる。

根っこ注射器で水をあげてみた。

最後に、一番変化があった朧月(11/16)

葉の付け根から何かがチョコンと出てきています。

(11/25)

あ、ちょっと形が変わった!

(12/3)

いつの間にかこんなに伸びてる!

葉っぱも3つに分かれてて、しっかりミニ多肉の形になってる(^^♪

ブログ村バナー

ポチっ↓として頂くと励みになります。

にほんブログ村

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする