沖縄旅行三日目☆次の離島へ出発♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいさーい!多肉主婦もんちです。

絶品ソーキそばでお腹いっぱいになったもんち。

せっかく石垣島に来たのに~と思ったら

次はフェリーで別の離島に移動です(汗

ところで皆さん旅行の時はどんな風に計画を立てますか?

ざっくり行くところを決める人もいれば

全くのノープランの旅もアリだと思います。

私はと言うと結構綿密にスケジュールを立てるタイプなんです。

距離から移動時間も分単位で出したり、

必要経費もあらかじめ調べたりして、

エクセルで旅行のしおりも作っちゃったりします。

もともと心配性な質なので調べておくと安心なんですよね(#^.^#)


そんなこんなで次の目的地に着きました!

いきなりの水牛ですが、、

そう竹富島に来ちゃいました☆

念願の水牛車に乗れて幸せです♡

おとうさんの面白いお話を聞きながら、

こんなキレイな花で飾られた石垣の間を通って

白いサンゴの道を進みます。

竹富島は舗装された道は島の外周のみ。

あとはこんな白いサンゴが砕けた道が続いています。

毎朝自分の家の前の道をほうきで掃くのが、この島に住む人の日課だそうです。

民謡にもなっている「安里屋ユンタ」の生家の前も通りました。

と、ここでおとうさんが三線を出して「安里屋ユンタ」を聞かせてくれました。

↓(夏川りみの歌う「安里屋ユンタ」です)

良かったら聞いてみてください!沖縄気分が味わえます♪

https://www.bing.com/videos/search?q=%e5%ae%89%e9%87%8c%e5%b1%8b%e3%83%a6%e3%83%b3%e3%82%bf&&view=detail&mid=33FCF8F2E0C1B463208333FCF8F2E0C1B4632083&&FORM=VRDGAR

その間水牛を操るのは隣に座った観光客の女の子。

一生懸命鞭を使うのですが、思うように水牛が進んでくれませんww

ゆったりとした水牛車に揺られて、のんびりとした気分になれました。

竹富島は昔ながらの沖縄を感じられて、念願の安里屋ユンタも聞けて大満足☆

でもまだ竹富島の旅は終わりませんよ~

今日はなんと竹富島に泊まっちゃいます(≧▽≦)

一日限定6組の小さな民宿です。

赤瓦の上にはシーサーがお出迎え♪

いらっしゃいませは八重山の方言では「おーりとーり」

スポンサーリンク

竹富島を満喫中

夕食の前にはレンタサイクルでコンドイ浜までサイクリング。

遠浅の澄んだ海で一時間ほど水遊びしてきました。

(あまりに楽しすぎて写真撮るの忘れちゃった・・)

(こちらは拾い画です)

ビーチ近くの東屋には猫ちゃんがたくさんゴロゴロしていました。

それにしても沖縄の猫はみんなのんびりしてるな~

宿に戻って早めの夕食を食べて、

というのも日の入り時間が午後6時42分なのでその前にとの宿のご配慮でした。

夕日が見える西桟橋へ

すでに人がたくさんですが(^_^;)

夕日は竹富島に泊まったに人しか見れない素敵なオプション♪

あいにくこの日は雲がかかっていて、夕日を見ることが出来ませんでした。

でも暗くなる前の空と穏やかな海が幻想的でした。

宿に戻って庭でしばし休憩。

夫は木のブランコが気に入ったそうです☆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ブログ村バナー

ポチっ↓として頂くと励みになります。

にほんブログ村

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする