うちの多肉植物(トリカラー・姫秀麗など)その特徴と栽培の仕方とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も張り切っていきますよ~

斑入りベビーサンローズ

ピンクの斑入りがとてもカワ(・∀・)イイ!!

私はこのピンクとグリーンの配色が大好きかも♡

桜吹雪も同じ配色でピンクが濃い目だから、

いつか欲しいな~と思っています。

この子はずっとこのブルーの器にいて、

ぐんぐん大きくなっています。

なるほど、生育旺盛でグランドカバーにもなるわけだ!

グリーンネックレス

こちらもメルカリで狩ったカット苗。

茎に土をかけていれば根が出て成長すると

説明書に書いてあったのですが、半信半疑でかけていました。

しばらくは何にも変化がなくて不安でしたが、

気が付いたら茎から根っこが出てました!

そして小さい玉ちゃんも続々と増えていてびっくり!

このまま根付いてくれるといいな(*^_^*)

トリカラー

こちらも元気のない子。

もともと徒長気味で葉っぱもしんなりしちゃってる。

先っぽに小さい葉っぱがスタンバイしているのがまだ救いかな?

これからも慎重に見守りたいと思います。

姫秀麗

葉が取れていびつな格好の姫秀麗。

植え替えする時に葉がポロポロ取れてこんな状態に。。

その分葉挿し達が頑張っていて、6枚のうちの

5枚は葉と根が出ていて、残りの1枚も根っこが出てます。

これからたくさん増えますように( *´艸`)

番外編 名無しちゃんたち

色々調べてみたけど名前が分からない多肉がいました。

分かり次第図鑑に追加していきます!

とりあえず写真だけアップしますので

お分かりの方、コメントお願いします!<m(__)m>

名無しちゃん①

何だか乙女心っぽいなあ。。

根元に子株が出てきています!

早く大きくな~れ(^_^)v

名無しちゃん②

茎の先にピンクの花が咲きました。

花はもう枯れちゃってます。

名無しちゃん③

こちらは元気な名無しちゃんです。

斑入りなのかな?白い縁取りがあります。

名無しちゃん④

とても小さいです。

葉の表面に毛が生えてるっぽい。

小さいもけもけちゃんかな?

☆☆☆☆☆☆☆☆ 多肉主婦の多肉メモ ☆☆☆☆☆☆☆☆

〇斑入りベビーサンローズ

アプテニア属

別名:ハナツルソウ(花蔓草)、アプテニア

耐寒性があり、生育旺盛で良く茂る。

日当たりと水はけのよい場所を好む。

湿気に弱いので風通しや過湿に注意。

〇グリーンネックレス

セネキオ属

別名:ミドリノスズ

耐寒温度は3~5度、冬季は室内管理。

真夏の直射日光を避けて雨が直接当たらないようにする。

〇トリカラー

セダム属

真夏の直射日光は避ける。黒班病が出やすい。

耐寒温度はマイナス1~2度、霜に当てても大丈夫。

〇姫秀麗

グラプトペタルム属

比較的丈夫な品種。

耐寒温度はマイナス1~2度、霜に当てても大丈夫。

過湿により根腐れに注意する。

※あくまで素人調べです、実際栽培されるときは自己責任でお願いします。

ブログ村バナー

ポチっ↓として頂くと励みになります。

にほんブログ村

ここに関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする