今年の多肉の土はどうする?多肉用土の配合を教えます(*´з`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!多肉主婦もんちです。

春の多肉の植え替え祭りも近づいてきて(いつ?)、毎年問題になるのが多肉の土のこと。「多肉植物の土」で済ませれば手間はかからないのですが、一体何袋買えばいいの?小遣いの少ない私にはかなりの出費になるのです。。。

なので自分で配合して、土を作ってみたいと思います!

〇軽石

先ず使用するのが、細かめの軽石。

大きい石は鉢底石にもなるのですが、今回は混ぜ込みます。

軽石は軽量で、穴がたくさん開いているため排水性がバツグン。

【宮崎県産】 日向土 軽石 中粒 18L 鉢底石 園芸用土 基本用土 ガーデニング

価格:999円
(2019/3/13 10:32時点)

〇鹿沼土

排水性が良い一方で、酸性が強めな土。

鉢底石にしている人もいるらしい。

硬質 鹿沼土 小粒 14L 【観葉植物の土】【園芸の土】

価格:648円
(2019/3/13 10:34時点)

〇赤玉土

こちらも弱酸性の赤玉土。

酸性の土は多肉によくないと聞くのですが、鹿沼土のみで多肉を育てた方のブログによると、追肥がいらないほど立派に成長したらしい。

となると、酸性とかアルカリ性なんて余り多肉には関係ないのかな?とも。

上質赤玉土 大粒 14L [天然乾燥素材]通気性や保水性、透水性に優れています。10P27May16

価格:899円
(2019/3/13 10:35時点)

〇腐葉土

樹木の落ち葉などが長い時間をかけて腐熟した土。

通気性や保水性、保肥性に優れているため、腐葉土さえ入れれば追肥はいらないとも言われています。

腐葉土 ☆落葉100%☆ 20L フッカフカの用土作りには欠かせません。土壌改良剤 園芸用土 ガーデニング

価格:899円
(2019/3/13 10:36時点)

スポンサーリンク

新しい土にチャレンジ!

〇バーミキュライト


ちょっと使ってみたかった、バーミキュライト。

通気性と保水性、保肥性が良いらしい。

排水性が高いのと保水性が高い土を一緒にして、私は一体何がしたいんだ?と思ったのですが、まあこれも実験だと思って使っちゃうよ!

土壌改良材 バーミキュライト 18リットル

価格:780円
(2019/3/13 10:37時点)

〇燻炭

これも使ってみたかった燻炭。

燻炭はアルカリ性なので、酸性傾いた土を中和してくれそう。

そして何しろ排水性も高いので、多肉にピッタリかと。

くん炭 12L 単用土 土壌改良材 園芸

価格:521円
(2019/3/13 10:37時点)

〇オルトラン

そして最後はオルトラン攻撃で締めます。

においがちょっとキツイのが難点だけど、害虫に効きそうな感じがして心強いです(”◇”)ゞ

住友化学園芸オルトラン DX粒剤 200g

価格:877円
(2019/3/13 10:38時点)

さて肝心な割合ですが、

軽石:鹿沼土:赤玉土:腐葉土:バーミキュライト:燻炭=2:2:2:2:1:1

これで今年は行ってみたいと思います!

中には多肉の種類によっても土の配合を変える方がいるらしいのですが、面倒臭がりの私には無理だよ~(*_*)

皆さんはどんな土を使っていますか?

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログ村バナー

ポチっ↓として頂くと励みになります。

にほんブログ村

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする