子吹きな多肉それぞれの冬☆子持ちレンゲ・オルビキュラリス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!多肉主婦もんちです。

多肉が増える方法は葉挿しや株分け、挿し木など様々あります。 その中でも勝手にランナーを伸ばして増えてくれる子吹きタイプの多肉は、手間もかからずいつの間にやらモリモリなのでお得感も満載です。 うちにも子吹きな多肉がいたなぁ。。と思って冬の彼らを観察してみました。

子持ちレンゲ

子吹き多肉の代表格といえばこちらの子持ちレンゲです。

ランナーで子供が増えていくので、基本放置していても大丈夫。

ただし今は休眠期のため、こんな小さくなっています。

これが春になるとわぁっと大きくなって増えるんだから、太陽の力ってすごいですよね!

斑入り子持ちレンゲ

こちらも子持ちレンゲの斑入り版です。

これは山形のクラフトミュージアムで見つけたんだよね。

こんにちは!多肉主婦もんちです。 毎日SNSを見ていると、日本中で多肉イベントが目白押しのようです。 首都圏や大都市に近い場所に住んでいる方は気軽に行けていいな~と、いつも指をくわえて...

普通の子持ちレンゲが休眠している時でも元気でしたが、さすがに真冬はこんな姿になるんですね。

枯れ葉の布団にくるまって、春が来るのをじっと待っている斑入り子持ちレンゲでした。

[山野草] コモチイワレンゲ

価格:550円
(2020/2/9 16:03時点)

スポンサーリンク

そして最後は驚きの姿!

オルビキュラリス

こちらは近所のホームセンターで見つけたオルビキュラリス。

行きつけのホームセンターに行ったら、新しい多肉が入荷してました♪タイミングも良かったらしく、入荷したてで選び放題。随分迷って、持っていない多肉一鉢と、綴化が激しいエケベリアを一鉢お迎えしました(´∀`*)ウフフ

こちらはクラッスラで冬型多肉ではないということもあり、この元気な姿!

増えも増えたりこの状態で、寄せ植えの中で我が物顔。

上から見るとこのボリュームです!

さて、春になったら植え替えしなきゃかな?

もうしばらく悩んでおこうと思います!

本日も最後までお読みいただいて、ありがとうございました!

ブログ村バナー

ポチっ↓として頂くと励みになります。

にほんブログ村

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする